0404

FF14『バハムート真成編2層』  

バハムート真成編2層まとめ。

entry-184s.jpg

フェーズ1(100 - 90%)
  ボス1体との戦闘
フェーズ2(90 - 60%)
  ボスHP89%以下で、ボス足元に「バロフィールド」展開
  頭割りと、散らばって被弾する攻撃が追加
  ボス1体との戦闘
フェーズ3(時間によるフェーズ以降)
  DPSチェックのフェーズ(侵攻編4層のゴーレムフェーズに近い)
  ボスHP59%以下で、緊急システムが作動
  ボスは中央で無敵状態になり、攻撃もしてこない
    ボスの足元に近づくと即死級ダメージ
  雑魚が3匹湧く
    砲撃システム(丸型)北東
    重力システム(四角型)北西
    雷撃システム(たまご型)南
  時間経過によって「護衛システム」が自爆
  ワンテンポおいて、ボスが「ナーブクラウド」詠唱開始
    「護衛システム」自爆から「ナーブクラウド」詠唱中はフルぼっこタイム
フェーズ4(60%- 0%)
  「ナーブクラウド」発動で最終フェーズ開始
  実際にはHP57%前後削れているはず
  ボス1体との戦闘。削りきれば勝ち
  青と緑の線ギミックが追加される
  ナーブガスの仕組みが少し変わる


◆使用スキル
ナーブガス(フェーズ1~2)
ボス斜め後方にフィールド半分を覆い尽くす程の半円状範囲2発と、前方に扇状範囲1発の計3連発連続して使用してくる。順番はランダムっぽい。水色の氷のような予兆範囲が表示される。慣れれば避けるのは簡単なので、ヒーラーにとっては休憩タイム。ストスキ、リジェネ、クルセDoTを撒くチャンス。オナラとゲップ。

食らうと「被ダメージ上昇(60秒)」デバフがスタック
20150203173902.jpg

最終フェーズでは、仕組みが少し変わる(後述)

バロフィールド
ボスのHP89%以下になると使用してくるスキルで、以降ボスの足元に青白い円形フィールドが表示され続ける。
上に乗ると「ヘヴィ」デバフ付与と、「被ダメージ上昇」がスタック。
これにより「ナーブガス」を避ける時に、ボスの足元を通過してショートカットする事ができなくなる。
『カーリナ』のバフ欄にも青いアイコンとして表示されている。
20150126190113.jpg

レゾナンス
前方扇状範囲のシェアダメージ
MTとSTで受けることを想定しているが、序盤はMT一人でもなんとかなる。

サブヘッド(1回目右首)
「サブヘッド」という同じ名前の攻撃が2連続くるが、右首と左首で攻撃内容が異なる。
1回目は対象に「スタン」付与

サブヘッド(2回目左首)
スタン付与後の2回目は、対象に「メインヘッド耐性低下」デバフを付与(メインヘッドによる被ダメージが増加する状態)
詠唱あり。詠唱中にSTが挑発してタゲを取っておく。

メインヘッド(中央首)
サブヘッド2回後にくる攻撃。
「メインヘッド耐性低下」デバフがある状態で食らうと大ダメージ。
サブヘッド2発をMTが受け、メインヘッドをST受けた後、またすぐMTが挑発してタゲを戻す。

シード・オブ・シー
タンク以外のランダムで一人が選出されターゲットとなる。
頭割り範囲攻撃。タンク以外で基本集まって全員で受ける。
「シード・オブ・リバー」の直後か直前に来る。
侵攻編3層と同じ赤い閃光マーカーがターゲットの頭上に表示される。
無題

シード・オブ・リバー
通称:ミサイル、隕石
タンク以外のランダムで二人が選出されターゲットとなる。
ターゲットを目標とした範囲攻撃(予兆マーカーのない侵攻編4層のメテオストリームに近い)
ターゲットは着弾まで不明なので散らばって避ける。
予兆マーカーはないが、ボスの背中から何かが発車するエフェクトと、ドンドンという大砲を打つような音が鳴るのでそれを目安に散らばる。
「シード・オブ・リバー」の直後か直前に来る。

ナーブクラウド
全体範囲攻撃
雑魚フェーズ終了時(最終フェーズ開幕)に使用
この時のダメージは即死級。侵攻編4層のメガフレア的な感じ。対処法は後述。
最終フェーズ最中でも使用してくるがダメージは即死級ではない。
タイムアップでも使用してくる(この時は即死級)

魔科学粒子散布
通称、「線」、「青線、緑線」「青、緑」
ランダムで四名が選出されターゲットとなる。
離れると「粒子崩壊」というダメージを継続的に受けるだけでなく、「被ダメージ上昇」デバフもスタックする。
「カーリアは「魔科学粒子散布」の構え。」

〇フェーズ3の雑魚の特徴と処理方法
フェーズ3では雑魚が計6匹湧くが、倒すべきなのは実質3体。

「砲撃システム」「重力システム」「雷撃システム」の3体を倒す。
制限時間内に倒す必要がある(護衛システムが自爆するまでに)
ただし倒せなかった場合でも、直ぐに強制終了にはならない。
3体にはそれぞれ特徴的な強化バフが2種類づつ付いている。
この3体を近づけると吸収合体してしまう。強化バフが吸収した方に引き継がれ、スタックする。
「雷撃システム」が常に反時計回りに移動するので、吸収合体しないようタンクが「砲撃」と「重力」を誘導しつつ、全員でフィールドを周りながら戦う。
3体のうち1体を倒すと、残り2つが強制的に合体しようとするので、2体をほぼ同時に倒す。
「砲撃」と「重力」を均等に削っていく。片方を倒してから5,6秒以内にもう片方を倒せるくらいHPを減らしておかないと、残しておいた「雷撃」と吸収合体してしまう。
合体しようとすると雑魚同士がピンクの線で結ばれるが、実際に合体するまでには少し猶予がある。

「砲撃」「重力」をほぼ同時に倒し、最後に「雷撃」を倒すパターン。

「フォークライトニング(通称:サンダー)」をいかに完璧に捨ててくるかをいかに完璧に捨ててくるかがフェーズ3攻略の要。


護衛システム(3体)
20150203174010.jpg
ボスの周りに出現する攻撃不可の雑魚3体。移動もしない。無視して良いが、定期的に「オートマチックカノン」という前方直線範囲スキルを使用してくる。3体が同時に使ってくるので注意。時間が来ると「自爆」する。自爆時には円形範囲が表示される。

砲撃システム(丸型)
20141103031921.jpg
2_20150408175021559.png
「リペリングカノン」という、周辺頭割り範囲攻撃をしてくるので、ある程度の人数で砲撃システム周辺に集まり、後ろをついていくことになる。ただし前方範囲もあるので、タンク以外は前に出ず後ろをついていく。
サンダーを捨てに行くのを忘れないように。

重力システム(四角型)
20150203174034.jpg
無題
「重力場」という、ランダムターゲットで、円状範囲の重力場を発生させる。重力場に入ると「ヘヴィ(15秒)」Debuffが付与される。ターゲット予兆もなし。全ての攻撃がクリティカルになるので、「アウェアネス」があると被ダメージを4割前後軽減する事ができる。

雷撃システム(たまご型)
20141103031920.jpg
2_20150408181322f9b.png
「フォークライトニング」(通称:サンダー)という、ランダムターゲットの時限式ターゲット範囲攻撃を使用してくる。侵攻編4層ネール戦のサンダーウィングに似たような攻撃で、ターゲットは「フェークライトニング」というデバフが付与され、約5秒後にデバフが消えるタイミングで周りに範囲ダメージと「麻痺」デバフをばら撒く。本人は無傷。

20150203174130.jpg
「ファークライトニング」デバフを食らったら、みんなから離れて一人で発動させる。
デバフの説明は『帯電した状態。効果終了時に放電し、周囲に雷属性ダメージを与える。』

◆最終フェーズ概要と攻撃ループ
最終フェーズでは、フェーズ2での攻撃に加えて、「魔科学粒子」というギミックが追加されるのが特徴。
また、「ナーブガス」の仕組みが少し違ってくるので、避け方を事前に話し合っておく必要がある。

 どうもここの攻撃の順番は幾つかパターンがある。
「頭割り&ミサイル2発」後に「ナーブガス」が来るパターンは、プレイヤーが変な位置に居る場合も多く、直後の「ナーブガス」の方向がおかしくなりがちなので気をつけること

 また、「ナーブクラウド」2回終えてちょうど倒し終わるくらいのタイミングで、このパターンが変わる場合がある。

攻撃パターン1
「魔科学粒子散布」→「レゾナンス(前方頭割り)」→「頭割り&ミサイル2発」→「3連ナーブガス」→「2連サブ&メインヘッド」→「レゾナンス(前方頭割り)」
上記をもう一度繰り返し
「ナーブクラウド(全体範囲)」→1に戻る

攻撃パターン2
「魔科学粒子散布」→「3連ナーブガス」→「レゾナンス(前方頭割り)」→「頭割り&ミサイル2発」→→「レゾナンス(前方頭割り)」→「2連サブ&メインヘッド」
上記をもう一度繰り返し
「ナーブクラウド(全体範囲)」→1に戻る


◆魔科学粒子(緑と青)ギミック
 同じデバフの色同士の人が線で結ばれる。
線で繋がっている間は、お互い近くにいないと継続的なダメージと「被ダメージ上昇」デバフがスタックする。

 ただし、タンクは必ずタンク同士が線で結ばれる
ペアになるパターンは、「タンク=タンク」「DPS=DPS」「DPS=ヒラ」「ヒラ=ヒラ」になる。

 「青デバフグループ」のプレイヤーと、「緑デバフグループ」のプレイヤー同士が近づくと同じようにダメージを喰らう。

最終フェーズではタンク二人は必ずボスの前に居る必要があり、DPSヒーラー陣だけに「魔科学粒子」が来た場合、ボスの左右に別れてお互いのグループが近づかないようにすること。

◆最終フェーズの「ナーブガス」の仕組みと避け方
初段がランダムターゲットに
「ナーブガス」3連発なのはフェーズ1,2と同じだが、最初の1発目がランダムターゲットになる。
まず、ターゲットされた人の方向をボスが振り向く。そして、1発目はかならず扇状範囲である。

 「扇状前方範囲ナーブガス」→「左後方半円範囲」または「右後方後方範囲」になる。1発目前方、2発目、3発目は右足か左足方向に範囲が来るとおぼえておくと良いかも。

逃げる方向を事前に決めておく
基本『「ナーブガス」3連発の一発目の範囲を時計回りか、反時計回りか決めておいて、後は流れにそって避ける』
初段でも避ける必要がない人は動かなくても大丈夫。

移動する方向を決めておくのは、線持ち同士が同じ方向にナーブガスを避ける為。

参考動画

Posted on 2015/04/04 Sat. 17:01 [edit]

CM: 0
TB: 0

« FF14『イシュガルドへ・・・。』  |  FF14『バハムート真成編1層』 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://reiahage.blog.fc2.com/tb.php/184-dc024252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

Twitter

Copyright

▲Page top